イクオスならAGAの原因「DHT」の抑制に効果期待大な3つの理由!

日本皮膚科学会が出したガイドラインによれば、AGA=男性型脱毛症にかかる日本人男性は25年前の時点でおよそ30%。

多くは40代以降に発症しますが、早ければ20代から薄毛が始まる場合もあります。30代ぐらいで薄くなってきたら要注意です。

そんなAGAでもなんとかできそうな育毛剤がイクオスです。

AGA=男性型脱毛症はどうして起こるのか?

MEMO
AGA=男性型脱毛症は、正確に訳せば男性ホルモン型脱毛症。その名の通り男性ホルモンが原因です。

男性なら誰でも体内で分泌している男性ホルモンのうち、テストステロンが必要以上に強化されてしまうことでAGAへの引き金がひかれます。

強化型テストステロン「DHT」発生

男性ホルモンテストステロンは、5αリダクターゼという酵素の働きによって、DHT=ジヒドロテストステロンという強化型になります。

5αリダクターゼには1型と2型があり、DHTを作る力が強いのは2型です。

そして2型の5αリダクターゼは前頭部から頭頂部にかけて多いため、DHTもまた前頭部から頭頂部にかけて多く作られます。

DHTにより「脱毛因子」が増加する

DHTは、髪の毛の根っこの部分にある毛乳頭のアンドロゲンレセプターと結合してTGF-βという情報伝達物質を発生させます。

アンドロゲンは男性ホルモンの総称。レセプターは特定の物質とだけ結びつける受容体のことです。

要するに髪の毛の根っこにある鍵穴のようなところに、DHTという鍵がはまるとTGF-βが発生するのです。

TGF-βは毛乳頭にあるFGF-5という別の情報伝達物質を活性化させます。

FGA-5は髪の毛を退行期に移行させるスイッチであることがわかっています。髪の毛は成長期に伸び、退行期に成長が止まり、休止期に抜けます。

DHT→TGF-β→FGA-5という一連の流れは、成長期を短縮させて強制的に退行期にさせてしまいます。

つまり、本来伸びるはずの髪の毛がTGF-βによって抜けることを強制されてしまうのです。

このためTGF-βは「脱毛因子」とも呼ばれています。

イクオスがAGA対策に期待大の3つの理由とは

今ネットでは育毛剤イクオスの評価が大変高くなっています。それは、AGAの人が使ってみて効いたという口コミが多いからです。

イクオスにはAGA対策に期待できる理由がちゃんとあります。

理由1.5つの成分でDHT発生を防ぐ

AGAは5αリダクターゼの働きによってテストステロンがDHT=ジヒドロテストステロンになってしまうことで発生します。

テストステロンは男性にとって非常に重要なホルモンですからなくすことはできません。諸悪の根源はDHTを生み出す5αリダクターゼだということになります。

逆に言えば5αリダクターゼをどうにかできればDHTは発生せず、AGAにもならないわけです。

育毛剤イクオスには、5αリダクターゼをブロックしてDHTを発生させない成分として

DHTを発生させない成分
  • オウゴンエキス
  • ダイズエキス
  • ビワ葉エキス
  • クララエキス
  • ヒオウギ抽出液

これら5つの成分が配合されています。

5つの成分の相乗効果によって、イクオスはDHT発生をブロックしています。

理由2.脱毛因子の指令をブロック

イクオスにDHTをブロックする成分が入っているとはいえ、100%完全にブロックできるわけではありません。

発生の割合は減るであろうとしてもある程度のDHTは発生してしまいます。

できてしまったDHTは、やはり脱毛因子TGF-βを生み出してしまいます。

抜け毛を抑える成分
  • クワエキス
  • シャクヤクエキス
  • セイヨウキズタエキス
  • ゴボウエキス
  • ローマカミツレエキス
  • シナノキエキス
  • ヒキオコシエキス
  • ボタンエキス

この8つの成分は、脱毛因子TGF-βにる脱毛の実行部隊FGA-5の活性化をブロックして抜け毛を抑える方向にもっていきます。

理由3.イクオスには副作用の心配なし

イクオスをおすすめする3つ目の理由は、副作用の心配がほとんどないということです。現在AGAは病院でも医療的に治療が行われています。

しかし、病院で使われているAGA治療薬は、効果が高い反面副作用があることも知られています。その副作用には、うつや性機能障害など恐ろしいものも…

それに対し、イクオスは肌が敏感な女性でも使えるように、刺激性がある成分は含まれず、かぶれが出やすい化学成分は無添加です。

副作用がないということは、治療薬よりは効果のほうも穏やかということを意味します。

でもイクオスは長く使い続けることで着実に効果を実感できるはずです。

イクオスサプリとの併用でさらに効果アップ

育毛剤イクオスには、併用して内側から育毛効果を高めるイクオスサプリEXという系列商品があります。

イクオスサプリEXには46種類もの成分が配合されていて、それぞれ抜け毛予防や育毛効果、頭皮環境の改善などがサポートされるように考えられています。

特に注目されるのがノコギリヤシとイソフラボン含有大豆抽出物です。

DHTをおさえるノコギリヤシエキス

ノコギリヤシエキスはいまや育毛サプリの定番成分といっても過言ではありません。

MEMO

アメリカの研究ではノコギリヤシエキスで38%のAGAの症状が改善したという結果が出ているとか。

 

ノコギリヤシエキスにもまた、5αリダクターゼの働きをブロックすることでDHTの発生を抑制する力があると考えられています。

イクオスサプリEXにはノコギリヤシエキスが1日分たっぷり300mg配合されています。

大豆イソフラボンが育毛をサポート

大豆抽出物には、大豆が持つポリフェノールの一種・イソフラボンが含まれています。

MEMO

イソフラボンは「女性ホルモン様作用」があるとして、AGAの原因となる男性ホルモンと拮抗するといわれています。

 

大豆に縁が深い日本ではイソフラボンの研究も進んでいて、日本の国立がん研究センターは、イソフラボンの摂取によってAGAと同じくDHTが原因になる前立腺がんのリスクが低下するという研究結果を発表しています。

ということはDHTが原因のAGAへの効果も期待できるのです。

体に必要なアミノ酸やビタミン配合

イクオスサプリEXには、人体が合成できない9種類の必須アミノ酸と、人体に不可欠な11種類のビタミンまで配合されています。

髪の毛もまたタンパク質でできており、必須アミノ酸はその原料を補うと同時に、頭皮の細胞の正常な働きを支えます。

11種類のビタミンは、タンパク質を合成する酵素をサポートしたり、体の機能を正常に働かせるために必要なものばかりです。

イクオスサプリEXは、AGA対策はもちろんのこと、健康維持のためのサプリメントとしても有効です。

アラサー以上のAGAにはイクオスがおすすめ

抜け毛対策ははやければはやいほど効果が高いです。

30代でも40代でも、鏡を見て薄くなってきたな、生え際が後退してきたなと感じたら目をそらさずに気づいた時点で対策すべきです。

その対策には育毛剤イクオス、そしてイクオスサプリEXがおすすめです。

定期コースは割安で利用しやくなる

イクオスは成分が穏やかで副作用がないぶん、長期間使わなければなかなか効果を実感できません。

そのため、イクオスには割安な定期コースが用意されています。

価格 送料
単品購入 8,980円 630円
3本セット 21,800円(1本につき7,267円) 無料
定期コース 5,980円 無料

定期コースにすれば単品価格よりも3千円も安く購入できます。

しかも定期コースには縛りはなく、いつでも解約可能。安心して育毛をスタートさせることができます。

イクオスサプリとセットでさらに得

実はイクオスはイクオスサプリEXとセットにするとさらにお得になります。

イクオスサプリEXの価格はこちら。

価格 送料
単品購入 6,980円 630円
3個セット 17,800円(1個につき5,933円) 無料

ところが!

育毛剤イクオスとイクオスサプリEXをセットにした定期コースだと1回につき6,980円。

育毛剤イクオスとイクオスサプリEXをそれぞれ単品で購入すると15,960円ですから、セットの定期コースにすれば、8,980円もお得です!

薄毛対策を始めるには、まずイクオスの公式サイトを訪れてみてください。